ヘブルシュの日記

ヘブルシュの日記

暮らしを豊かにするための工夫や、家事の効率化、家庭菜園、DIYなどについて、紹介します。

しいたけの栽培 自動給水と合わせてベランダで栽培

ベランダでのしいたけ原木栽培

しいたけのベランダ栽培をはじめました。

ホダキングという原木栽培を使用しています。

 

 

水やりは一日数回、あまり原木が乾かないようにする必要があるそうです。

我が家では、自動給水システムによって朝7時から1分間、

水が出るようにしています。

朝の水やりだけでは、午前中には原木が乾いてしまうので、

ペットボトルに水をためて、常に湿った状態にできるようにしています。

ペットボトルの固定は、原木にドリルで穴を開けて、割り箸を差し込みました。

今後、どの程度しいたけが収穫できるか楽しみです。

f:id:s1989:20171118200718j:plain

収穫について

しいたけの収穫については、小さい芽がでてくると、2週間ぐらいで

収穫できます。

食べた感想としては・・・そんなに変わらないかも。

ペットボトルの設置詳細

いろいろと試行錯誤をして、最終的に設置方法はこのようになりました。

①原木に円形で8箇所ぐらいに、5mmのドリルで穴を開ける。

②割り箸を刺して、ペットボトルを設置できるようにする。

③ペットボトル側には、蓋に1mmのドリルで穴を開ける。

※1mmぐらいが水の出方が丁度よい。

④蓋付近にティッシュを詰める。さらに、ビニール袋の切れ端に

針で一箇所穴を開け、蓋と飲みくちの間に入れる。

※水の出方を調整するため。

⑤ペットボトルの底側に5mmの穴を5箇所ぐらい開ける。

※底側に穴を開けないと、内圧で水がでません。

また、穴を多めに開けないと、底側から水が噴出して、ひどいことになります。

⑥ホースをつなぐ。

使用しているペットボトルはポカリスエットの1Lです。

⑦プラスチック製の板で日陰を作る。

ベランダの柵である程度日陰にはなるのですが、西日などは

もろに当たってしまうので、板で囲いを付けました。

 

この方法でいくと、水を入れてから、朝7時に水を入れると、夜まで

水がなくならないので、原木が常に湿った状態になります。

以前は、蓋のところにティッシュのみでしたが、

針で穴を開けたビニールをかませることで、

水の減りがちょうどよくなりました。 

f:id:s1989:20180208233348j:plain

f:id:s1989:20180208233357j:plain

f:id:s1989:20180208233411j:plain