ヘブルシュの日記

ヘブルシュの日記

暮らしを豊かにするための工夫や、家事の効率化、家庭菜園、DIYなどについて、紹介します。

ヨーグルトメーカー R1ヨーグルトを食べ放題

こんにちは。

我が家では、ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを

作って食べているので、その内容について紹介します。

ヨーグルトの作り方

材料は牛乳とヨーグルト。

ヨーグルトはどんな種類でも構いません。

我が家では、なんとなくR1ヨーグルトを使っています。

 

作り方

①牛乳パックを開けて、ヨーグルトが入る分少し減らす。

②R1ヨーグルトを入れる。

入れる際は、蓋をあける前にヨーグルトを振ります。

こうすると、ヨーグルトがなめらかになって、スプーンを

使わなくても、牛乳パックに入れられます。

③牛乳パックの上を手で抑えて振る。ここも、スプーンなどで

混ぜると、洗い物が増えるのと、雑菌が入るのが嫌なのでこうしています。

④ヨーグルトメーカーに入れて8時間待つと完成。

⑤タッパーに1食分づつ小分けにする。大体5~6食分できます。

まとめ

ヨーグルトメーカーの選び方としては、僕の場合は、洗い物を

増やしたくなかったので、牛乳パックで直接作れるタイプを選びました。

最近はこっちのタイプの方が主流ですかね。

毎日ヨーグルトを食べる場合、ヨーグルトメーカーを使ったほうが、

安上がりだと思います。

また、一食分ずつ小分けにしていれば、食べたい時にササッと

食べれるのでめんどくさくありません。

 

今日はここまでです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

追記(2018年4月13日)

最近ヨーグルトを作っていて、気づいた点を紹介します。

ヨーグルトを作りなれてきてから、たまになるべく多く作りたい

と思い、最初に牛乳を減らさないで作ってみたのですが、

10時間ぐらいたったあとでも、サラサラの状態でうまくヨーグルト

になりませんでした。

初めは、元のヨーグルトが悪くなってたかな?と思ったのですが、

何度か牛乳を減らさないで作ると同じように、ヨーグルトになりません。

そこで、牛乳を減らさないと、蓋をした時に牛乳パックに残る

酸素が少なくて、ヨーグルトにならないのかな?と考え、

蓋を開けた状態で、再度挑戦するとうまくヨーグルトを作ることができました。

このことから、最初に牛乳を減らさないと、酸素が足りなくて

ヨーグルトを作れないのかなと最近は考えています。